本文へスキップ

ルーブル美術館HEADLINE

ルーブル美術館の観光時間が少し長くなった。
とっても広くて全部見るのは何日にかかるというルーブル美術館。
本当に広い。これは個人で来たら全然わからず、どれも名画なんだけど 有名所を見逃してしまいそう。
ツアーで来てよかった。
ダ・ヴィンチコードでみた逆ピラミッド。
左右に絵がぎっしり。
どれも有名なんだけど 多すぎて見きれない。
天井も豪華な装飾。
これも芸術。
まずはミロのヴィーナス

普通にぽんとおいてある。
さわれそうな近さにあってびっくり。
サモトラケのニケ
レオナルド・ダ・ヴィンチ
「洗礼者ヨハネ」
すごい人だかり。
モナリザが見えてきた!
他の絵に比べると本当に想像していたより小さい。
そしてこの絵だけ近寄れなくなっている。



レオナルド・ダ・ヴィンチ

「モナリザ」
すごい混みようで写真を撮るので精一杯。
絵って写真撮影禁止だとおもってたのにルーブル美術館はOK。
すごいなぁ。
ダヴィッド
「ナポレオンの戴冠」
ベルサイユ宮殿のナポレオンの戴冠式では1人だけドレスがピンクの女性が。
ダヴィットの恋人だという。
昨日見た絵は確かにピンクのドレスを着ていた。
2枚の絵のもつ不思議。
ドラクロワ
「民衆を導く自由の女神」
フランシスコ・デ・ゴヤ
「裸のマハ」
「天使のくちづけ」
この絵葉書を買いました。
お昼のレストラン。
エスカルゴ。
はじめはなかなか中身が取れなかったけど、ジェノベーゼソースでなかなか美味しかった。
旦那が苦手だったので全部食べる。
美味しかった。
チキンカレーとアイスクリーム
久しぶりのご飯。
でもタイ米みたいにパサパサ。
フォークで食べるのが大変だった。
ギャラリーラファイエットに案内され免税の手続きを教えてもらう。
ここでツアーの人たちとは解散。

連泊する人とはここで会うのが最後になるので
仲良くなった家族の連絡先をききお別れ。
さぁ予定していたことがこなせるかな・・・。
まずは兄に頼まれていた財布を購入。
フランス語話せないので写真と型番を見せて購入。
一安心。
こっちでかうより4割位安かったみたい。
ギャラリーラファイエットの天井がとても素敵と聞いていたので化粧品売り場の階まで上がって天井を眺める。
素敵★

他にもお土産を買って免税手続き。

一旦荷物をホテルにおいて観光へ!
ホテルが近くてよかった!


このページの先頭へ

ナビゲーション